オフィスクリーニングのプロ、椅子クリーニング・張替え・補修のエキスパート・専門業者の株式会社シンエーのクリーニング施工手順です。

オフィスの布張り椅子クリーニング

トップページ >> 当社のサービス内容 >> クリーニング施工手順

クリーニング施工手順

布張り製椅子クリーニング 施工手順

椅子のクリーニング施工前・施工後の皮革写真

1 2 3
先ずイスの表面及びクッション内部のホコリを強力にバキュームします。 イス全体に洗剤を散布します。 布面で特に汚れの強い個所はブラッシングをします。
4 5 6
全体的に汚れが落ちた時点で、更に洗浄水をスプレーしながら汚れを落とした洗剤と一緒にバキュームします。 シミがまだ残っている場合、各種のシミ抜き剤を使用し、シミが残らないように洗浄して布地面を仕上げます。 最後に背面や脚部の樹脂部分をきれいに拭き上げます。

当社の椅子クリーニング作業工程を動画で確認できます

今までのクリーニングとの違い

表面の汚れを取るだけでなくクッション内部にまで洗剤を浸透させ、強力にバキュームする事で、内部の汚れ・ホコリ・ダニも除去することができます。さらにご希望のお客様には消臭・除菌防汚・防炎対策の施工も致します。つまり、防じん・防ダニ効果、ひいては健康面・安全面への効果が見込めるのです。また、クッション内部まで洗浄することによって、ウレタンのクッション性も回復してきます。(いす・カーペットの無料お試しクリーニングで、お確かめ下さい)

■ 布張りイスのクリーニング作業風景
(オフィスケアーシステムで施工しています)

椅子クリーニング作業風景写真


ビニレザー張り製椅子クリーニング 施工手順

  1. 汚れの内容に合わせて洗剤を調合し、表面全体に噴霧してから、少しづつケミカルスポンジで汚れを落としていきます。
  2. 全体的に汚れが落ちた時点で、一旦水拭きをし、洗剤を残さないようにします。
  3. 最後に乾いた布で乾拭きをしますが、ご希望により、表面にビニレザー用WAXを塗布して防汚施工もします。

皮革張り製椅子クリーニング 施工手順

  1. レザー用クリーナーを使用して皮革表面に少しづつ塗布し、汚れを拭い取りながら磨いていきます。
  2. 全体をきれいにした最後に乾拭きをしてきれいに仕上げます。
    ※ 弊社では、イスの本場である欧米で開発された高級レザー専用クリーナーを使用します

樹脂製(プラスチック・ポリエステル・FRP樹脂)椅子クリーニング

  1. 基本的にはビニレザー張り椅子と同様の手順で行います。

総合オフィスクリーニングのことならオフィスクリーニングのプロ・シンエーへ

ページトップに戻る

SEO 関連キーワード

椅子 布張りイス 革張り椅子 いす クリーニング 張り替え 補修 オフィスクリーニング エキスパート 関西 実績 お手入れ クリーニングサービス 専門業者 技術 洗浄効果 費用対効果 経費削減 環境保護 家庭 事業所 事務所 プロ

椅子 布張りイス 皮椅子 いす クリーニング のシンエー