椅子を綺麗に保つ日常のお手入れ方法 オフィスクリーニングのプロ、椅子クリーニング・張替え・補修のエキスパート・専門業者の株式会社シンエー

オフィスの布張り椅子クリーニング

トップページ >> トピックス/お知らせ >> 日常のお手入れ方法

布張り製椅子・ソファーのクリーニング方法/日常のお手入れ方法

●布張り製椅子の汚れに対する簡単な対処法と注意点

汚れの種類 対 処 法
ホコリ・垢 など 掃除機で汚れが落ちない時は、カーペットクリーナーをスプレーしたタオルで拭いた後ブラシで軽くこすり、最後にから拭きする。
飲み物・食べ物などの汚れ すぐに湯で濡らしたタオルでふき取りをして下さい。一旦乾燥すると化学変化により、取り除く事が難しくなってきます。
永年にわたる汚れ
(手垢・飲み物のこ
ぼれ跡・マジックや
油類など)
永年の汚れの蓄積による生地の化学変化を起こしてしまったもの、すなわち生地自体の染色や脱色・日光等による褪色等、変色した部分の色は戻りません。弊社の経験からしますと、色あせに見えるのは、長年の汚れによる事が大多数です。永年にわたる汚れは、ぜひ弊社にご相談下さい。
※漂白剤などで汚れを目立たなくする事は色落ちと繊維の劣化を招き、匂いも残りますので、極力お避け下さい。

●皮革レザー張り椅子・ソファーの日常のお手入れ方法

汚れの種類 対 処 法
水溶性の汚れ(コーヒー・ビールなど) 掃除機で汚れが落ちない時は、カーペットクリーナーをスプレーしたタオルで拭いた後ブラシで軽くこすり、最後にから拭きする。
油性の汚れ(ボールペン・マジックなど) すぐに湯で濡らしたタオルでふき取りをして下さい。一旦乾燥すると化学変化により、取り除く事が難しくなってきます。
キズをつけた時 同色の油性マジックを塗るとキズが目立たなくなります。
カビが生えた時 ワセリンを薄く塗り数時間してからこすり落としてください。
●年に1,2回は皮革用の栄養クリームをよく刷り込めば皮をしなやかな状態で維持できます。
●絶対に漂白剤を使わないで下さい。色落ちします。
●化学雑巾は変質及びツヤを無くする恐れがありますので使用しないで下さい。
●直射日光はひび割れや乾燥の原因になりますので、気をつけて下さい。

●ビニールレザーの日常のお手入れ方法

汚れの種類 対 処 法
水溶性の汚れ(コーヒー・ビールなど) 中性洗剤で表面をぬらし、固く絞ったタオルで拭き取ります。
油性の汚れ(ボールペン・マジックなど) 中性洗剤で表面をぬらしケミカルスポンジで軽くこすります。時間がたつほど取れにくくなります。
●ビニールレザーの汚れは、製品自体が化学性物質だけに、衣類や筆記具他染料に化学性物質使用が多いため、それらの染料を付着させた場合に、色が写って移行し易いことが多いです。早く対処する事が解決策です。

総合オフィスクリーニングのことならオフィスクリーニングのプロ・シンエーへ

ページトップに戻る

SEO 関連キーワード

椅子 布張りイス 革張り椅子 いす クリーニング 張り替え 補修 オフィスクリーニング エキスパート 関西 実績 お手入れ クリーニングサービス 専門業者 技術 洗浄効果 費用対効果 経費削減 環境保護 家庭 事業所 事務所 プロ

椅子 布張りイス 皮椅子 いす クリーニング のシンエー